子供の落ち着きがない時のサプリ

MENU

落ち着きのない子供は発達障害のグレーゾーン

落ち着きのない子供は発達障害のグレーゾーンだと言われることが良くあります。
この場合は、発達障害の傾向はありながらも明確でない時に使われますが、最近は、明らかにADHDだとしても、”グレーゾーン”という言葉でやんわりという場合もあるようです。状況と母親の精神状態を考慮してということもあるようです。

 

ですが、本来は発達障害のようだけどはっきりと言い切れない時に使います。
その後、発達障害だと診断されるケースもありますが、問題なく終わっていくケースもあります。本当にどちらなのかわからない時に使う言葉です。
ですからもしかしてと思い診断を受けに行った親は、重症ではない=正常だったと受け取る場合が多いようです。

 

はっきりと、”問題ありません”言われない限りは子育ての方法を考えて教育していくことが必要です。もちろん、問題のない子供でも発達障害の子供でも、社会性をしっかり教育していくのは親の務めとなります。

 

様子をみましょう

グレーゾーンと同様に使われる言葉に、”様子をみましょう”があります。
この見解もグレーゾーンと同様の考え方となりますので、うちの子は大丈夫だったと思わないようにして、子供の行動などをしっかり観察して、心配なことがあればメモして検診の時に相談しましょう。気になって仕方ない場合や、急いだほうがいいと思う場合には、電話などでコンタクトをとるといいでしょうね。

 

発達障害の場合は早期教育でかなり子供にも良い変化が現れますし、親もどのように接していくのがいいのかが分かるだけでも安心です。

 

気になることが増えていく

発達障害という診断を受けた親御さんの共通意見として、”なんとなく気になっていた”とか”大人しくていい子”、”他の子供と比べて発達が遅いけど大丈夫?”などがあるようです。幼いころからこのような共通事項を親は察していたようです。

 

そして気になることはドンドン増えて行きます。
幼稚園、保育園に入る3歳頃になると気になることがあれこれ増えて行きます。集団行動が取れなくて友達とトラブルを起こすことも増え、先生の手を煩わすことも出てくると思いますので、気になることが増えてきているなら再度診断を受けて、教育していくことで個性がわかり対処法もわかるようになってきます。

 

発達障害の知識に頼り過ぎない

発達障害の症状を見ていると、当てはまる事柄も案外多いです。
親御さん本人も、自分にも当てはまるなんて考えたこともあるはずです。ですが、当てはまるだけでADHDだとは診断できません。
あまりに、ネットや書籍などで調べた発達障害の知識に一喜一憂しすぎると、母親自体が疲れきってしまい、何の障害のない子供でも言うことをきかない困った子供になってしまいます。

 

子供の落ち着きがなかったとしても=ADHDだとは限りません。例えそうであったとしても教育して普通に過ごせている人はたくさんいます。
どんな子供でも教育していく母親のおおらかな気持ちが大切です。出来たことを褒めたり、危険を教えたり、人に優しくすることを教えたり、挨拶を教えたり、どんな子供にも同じような教育サポートは必要です。

 

発達障害ではないごく普通の兄弟でも全く違った性格、特性をもちます。
もちろん似ている兄弟もいると思います。発達障害の子供も同様です。その子の特性にあった対応を考えていくことが必要です。

 

発達障害の知識に頼り過ぎないように気をつけましょう。

子供がわからないと思った時の対処法

子供が言うことを聞かない時、問題行動ばかりする時、子供がわからない!母親失格だ!どうしたらいいのかわからず、イライラして怒り散らしてしまいます。そんな経験はたぶん子育てしている母親なら何度も経験しているはずです。
発達障害とか普通だとか関係なく”子供がわからない”と思うことはあります。

 

ですが、この状況が続くと、子供に愛情を持てなくなったり、子供に冷たく当たってしまったりしてしまいます。

 

大人だってそうですが子供の行動には意味があります。
特に発達障害が持っている子供だと上手く言葉で表すことが出来なくて行動に出てしまう時もあります。カッーとなったとき冷静になるのは本当に難しいことです。怒りと同時に子供を怒ってしまっていますから・・・。

 

ですが、
  • 泣いている理由
  • 騒いでいる理由
  • 拗ねている理由

どんな理由があるのかは過去に同じような行動をしたことがあれば、その時のことを思い出して状況判断して行きます。そうすることでワケが分かってきます。子供の行動を把握することで、問題行動を起こさせない状況を作れる場合もあります。

 

子供は満たされていない時に特にどこかで問題を起こします。
もし、子供に愛情が持てないと思っているとしたら子育てに疲れているので、家族に助けてもらう、近所に助けてもらう、友人に助けてもらうなども必要です。頼れる人が誰もいないなら保健センターなどで相談してみましょう。

 

子供の落ち着きがない時のサプリを活用している家庭もあるようです。詳しくはTOPページで確認できます。

子供の落ち着きがない時のサプリ