MENU

ADHDの子供にサプリを飲ませる理由

ADHDの子供にサプリを飲ませる理由は、周りの子供たちに馬鹿にされ劣等感を抱いてしまう子供を見ていられないから…と理由も良くあるようです。

 

ADHDの子供を持つと周りのこと明らかに違うと感じるのは幼稚園や保育園ではないでしょうか。
その頃から、トレーニングを始めても小学生低学年ではまだまだ異常行動を起こしてしまいます。

 

もちろん、
SDHDは根気が必要だとわかっているけど、
時間をかければ日常生活を普通に送れるとわかっているけど、
クラスで浮いている子供が可哀そうで即効性のあるサプリがあれば飲ませたいと思うのは当然です。

 

心無い親からの苦情も嫌になるほどです。
まあ、確かに度々、友達とトラブルを起こしてしまいますが、それでももう少し長い目で見て欲しいと思ってしまうのはわがままなのでしょうか?
正直、小学校の担任はADHDを理解できていないようでもありますし、どうしたらいいのかわからない状況で、もしもサプリで少しでも症状が治まるなら飲ませてみようと思います。

 

病院では、ADHDの子供には「コンサータ」が一般的に処方されてます。
ですが、コンサータは副作用もあると聞いているし、止められなくなると困るからあまり飲ませたくないし、できればトレーニングで日常に対応できるようにしたいですよね。将来のことを考えると、薬を飲み続ける生活の先がどうなるのかも想像できませんからね。

 

でもその点、サプリなら健康商品だし自然由来のカラダに良さそうな感じのもある。
それなら子供に飲ませても大丈夫かもしれない!
何より、少しでも今の状況を何とかしたい!

 

ADHDの子供の劣等感が強くなってしまい、すねたり、屁理屈を言ったり、嘘をついたりと悪循環で本当に困り果ててしまうんですよね。

 

ADHDの子供にはどんなサプリがいいの?

ADHDの子供にはどんなサプリがいいのだろうかと悩みます。

 

落ち着きのない子に飲ませたり、子供の集中力をつけたいときに飲ませる子供サプリとして「コドミン」があります。
コドミンを飲むことでいい効果が出た家族もいます。

  • 落ち着きのなかった息子がみんなと仲良くできるようになった
  • 最近は授業中も落ち着いて座っていられます
  • 外出するときの心配が減りました
  • 家族のギクシャクした関係もなくなった

 

 

コドミンの特徴

コドミンは大豆にわずか少量しか含まれない「ホスファチジルセリン」が主成分となっています。コドミン1粒で大豆3.3キロ分のホスファチジルセリンが配合されています。ホスファチジルセリンは、大豆にも微量しか含まれておらず、また十分に摂取することの難しい成分です。

 

コドミンで、この貴重なホスファチジルセリンを、効率的に補給していくことで、落ち着きや集中をサポートしていきます。

 

注意欠陥・多動性障害
最初の予備研究は、PS補給が注意欠陥・多動性障害 (ADHD) を持つ子供に有益かもしれないことが示された[19][20]。追跡研究はこの発見を裏付けた。この研究では、1日200 mgのPSを2ヶ月間補給された子供においてADHD症状の有意な改善が見られることが明らかにされた[21]。
引用:Wikipedia”ホスファチジルセリン”

ADHDの子供の気になる行動

ADHDの子供の気になる行動は結構多いものです。

 

日本ではADHDは1990年代後半から社会的な注目を浴びるようになったため、新しい障害だと思われがちです。
ですが、ADHDの子供のような特徴をもつ子どもたちは、実は100年以上前から報告されています。ただ、昔は悪ガキが多かったので気にならなかったのかもしれませんね。

 

また、考えても見れば昔は地域で子育てする傾向にありましたが、今は核家族での子育てです。また子供の数も減少していて、親が子供に関わる機会がかなり増えています。そうなると、自分の子供他人の子供を比較してしまいますし、子供の喧嘩に親が口を出すことにもなります。
そういった背景からきっとADHDの子供が目立ってしまうのでしょうね。

 

ADHDの子供の気になる行動

  • 幼い時から忘れ物が多い
  • 落し物が多い
  • 整理整頓が苦手
  • 寝つきが悪く布団の中で30分から1時間モゾモゾしていた
  • 成績は学年トップクラス
  • 没頭する傾向があ流ので好きな教科で点を稼いでいた
  • 教科による、得意不得意の差が激しい
  • 好きな化学はろくに食事など摂らずに一日中勉強でた
  • 気分次第で授業中立ち歩いたり、勝手な行動をしていた
  • 頻繁な遅刻をしていた
  • 頭の中で会話をリピートしたり、イメージしたりしていた
  • ダメだと分かっていてもTPOにそぐわない場所で、つい歌ったりしてしまいます
  • 興味本意で、人を池に突き落とした
  • 興味の範囲が深く、狭い
  • 身だしなみに無頓着
  • 人付き合いが苦手
  • いじめられたことがある
  • 時間感覚が分からなく急がないとわかっていても緊張感が湧いてこない
  • 目の動きが挙動不審と言われる

 

ADHDかどうかを決めるのはあなたです。病気ではないので生活に支障があればADHDとなり、医者にいけばクスリをもらえますし、おそらく一定の効果を期待できます。医師の処方する薬となりますから。ですが、生活に支障がないならと単なる個性として受け止め、ADHDの子供が将来困る事のないようサポートして行ければ本当に一番いいでしょうね。