MENU

落ち着きのない子供にサプリを飲ませる理由

落ち着きのない子供にサプリを飲ませる理由は、周りの子供たちに馬鹿にされ劣等感を抱いてしまう子供を見ていられないから…と理由も良くあるようです。

 

落ち着きのない子供を持つと周りのこと明らかに違うと感じるのは幼稚園や保育園ではないでしょうか。もしかしてADHDなの?と思い心配は増すばかりです。親が心配し言うことを無理やりきかせようと怒るので、どんどん症状はひどくなります。

 

 

もちろん、
子育ては根気が必要だとわかっているけど、
時間をかければ日常生活を普通に送れるとわかっているけど、
クラスで浮いている子供が可哀そうで即効性のある方法がないのかと?今のうちに何とかできないのかとあれこれ模索するのも当然のことです。

 

 

誰にも相談できないし・・・
心無い親からの苦情も嫌になるほどです。
まあ、確かに度々、友達とトラブルを起こしてしまいますが、それでももう少し長い目で見て欲しいと思ってしまうのはわがままなのでしょうか?早く病院に行きADHDなどの発達障害の診断を受けてくるべきなのでしょうか?

 

でも家に居るときは凄くいい子なんだけど・・・

 

そんな落ち着きがなく・集中力もなく・じっとしていられない子供を持つ親はサプリなども活用しています。
本当にADHDかもわからないし、サプリでいい方向に向かうならありがたいと思うのでしょうね。
実際に、サプリを飲んだら落ち着きのなかった子供が、友達と遊べるようになったとか、話を聞けるようになったという声もあります。

 

 

落ち着きのない子供にはどんなサプリがいいの?

ADHDの子供にはどんなサプリがいいのだろうかと悩みます。

 

落ち着きのない子に飲ませたり、子供の集中力をつけたいときに飲ませる子供サプリとして「コドミン」があります。
コドミンを飲むことでいい効果が出た家族もいます。

  • 落ち着きのなかった息子がみんなと仲良くできるようになった
  • 最近は授業中も落ち着いて座っていられます
  • 外出するときの心配が減りました
  • 家族のギクシャクした関係もなくなった

子供の落ち着きない時のサプリ

 

 

コドミンの特徴

コドミンは大豆にわずか少量しか含まれない「ホスファチジルセリン」が主成分となっています。コドミン1粒で大豆3.3キロ分のホスファチジルセリンが配合されています。ホスファチジルセリンは、大豆にも微量しか含まれておらず、また十分に摂取することの難しい成分です。

 

コドミンで、この貴重なホスファチジルセリンを、効率的に補給していくことで、落ち着きや集中をサポートしていきます。

 

注意欠陥・多動性障害
最初の予備研究は、PS補給が注意欠陥・多動性障害 (ADHD) を持つ子供に有益かもしれないことが示された[19][20]。追跡研究はこの発見を裏付けた。この研究では、1日200 mgのPSを2ヶ月間補給された子供においてADHD症状の有意な改善が見られることが明らかにされた[21]。
引用:Wikipedia”ホスファチジルセリン”

 

落ち着きのない我が家の子供にも飲ませてみたくなりました

我が家の子供も一人落ち着きのない子供がいます。
3人兄弟ですがあきらかに落ちつきがありません。ですが極端にというわけでもありませんが、小学生になるのに忘れ物が多くて困ります。
常に忘れ物をする感じです。友達とは普通に過ごせていますが、言われてみれば興味のないことは上の空ですしやりたがりません。かんしゃくを起こすとかもなく凄く育てやすい赤ちゃんでした。

 

この育てやすい赤ちゃんというのが発達障害の子供の場合も多いようです。
ちょっと気になるのでコドミンを購入してみました。我が子も少しはこれで落ち着いてくれると嬉しいです。
ネット通販なので誰にも知られることなく購入できありがたかったです!

 

コドミンと冊子類が届きました。

 

早速、封を開けてみたのですが、凄くラムネの香りがしてきました。一つ食べてみたというか舐めてみましたが、ラムネ味で正にラムネそのものです。これなら子供も嫌がることなく飲みますね。

 

時々、こんな割れてるのが入っています。これくらい柔らかめのサプリとなります。

 

私の人差し指と比較すると同じくらいの大きさです。水などで飲み込むサプリなら絶対飲むことが不可能な大きさです。でも、ラムネとして楽しむことを考えるとこれくらい大きい方が嬉しいでしょうね。

 

同封の冊子に落ち着きのない子供との接し方が、「注意したい7つのこと」として紹介してあります。ありがたいですね。

 

子供の落ち着きない時のサプリ

コドミンを実際に飲ませた方の感想

子供が落ち着きがないと感じた時のサプリコドミンの冊子から学んだこと

子供が落ち着きがないと感じ購入したサプリ”コドミン”の冊子から学んだ「注意したい7つのこと」を紹介します。
当たり前の習慣とこのようにしたらいいんだと思うことが混ざっています。子供の落ち着きないとかADHDかもしれないとかではなく、どんな子供でも実行するべき内容となっています。

 

食事は規則正しく

お腹が空くと人は攻撃的になるものです。決まった時間に決まった量を食べるようにしましょう。

 

子供は一人の人間

子供を親の所有物ととらずに一人の人間として扱う。

 

家族のコミュニケーション

家族で、”ありがとう”、”ごめんなさい”、”おはよう”、”おやすみ”などのコミュニケーションをとる。言葉の能力が未熟だと乱暴なふるまいをしがちですので、家族での子供を取りながら訓練することが必要です。

 

子供の遊び方

脳の活性のためにも太陽を浴びての運動や遊びが大事です。外で運動することで発散させることが必要です。

 

ゲームをするときの決まり

ゲーム機やスマホの画面を見続けることで目を酷使し疲労が深くなるのでどんな子供でも切れやすくなります。ゲームは決められた時間を守らせることと、適度に休憩を挟みながら遊ぶことが好ましいです。

 

1人になれる狭い空間を作ってやる

子供にも逃げ場が必要です。気持ちを落ち着かせる空間を作ってあげることが必要です。

 

やる気と達成感を与える

取り組みやすい目標を立てて出来たという達成感を繰り返しながら自信をつけさせていきます。

 

 

詳しくはコドミン公式サイトで確認
コドモノミカタ「コドミン」公式サイト

落ち着きのない子共がADHDだとは限らない

落ち着きのない子共がADHDだとは限らないです。
子供はある程度は落ち着きのないものです。その落ち着きのなさの程度にもよりますが、もしADHDだと明らかに違うのだと言います。

 

日本ではADHDは1990年代後半から社会的な注目を浴びるようになったため、新しい障害だと思われがちです。
ですが、ADHDの子供のような特徴をもつ子どもたちは、実は100年以上前から報告されています。ただ、昔は悪ガキが多かったので気にならなかったのかもしれませんね。

 

また、考えても見れば昔は地域で子育てする傾向にありましたが、今は核家族での子育てです。また子供の数も減少していて、親が子供に関わる機会がかなり増えています。そうなると、自分の子供他人の子供を比較してしまいますし、子供の喧嘩に親が口を出すことにもなります。
そういった背景からきっとADHDの子供が目立ってしまうのでしょうね。ましてやまだ診断されていない状況でも、
「多動じゃないの〜?」
「きっと発達障害だよ〜」
と心ない親の言葉がさく裂します。ですから、耐えられなくなりサプリなどを活用する親もでてくるのでしょうね。

ADHDの子供の気になる行動

  • 幼い時から忘れ物が多い
  • 落し物が多い
  • 整理整頓が苦手
  • 寝つきが悪く布団の中で30分から1時間モゾモゾしていた
  • 成績は学年トップクラス
  • 没頭する傾向があ流ので好きな教科で点を稼いでいた
  • 教科による、得意不得意の差が激しい
  • 好きな化学はろくに食事など摂らずに一日中勉強でた
  • 気分次第で授業中立ち歩いたり、勝手な行動をしていた
  • 頻繁な遅刻をしていた
  • 頭の中で会話をリピートしたり、イメージしたりしていた
  • ダメだと分かっていてもTPOにそぐわない場所で、つい歌ったりしてしまいます
  • 興味本意で、人を池に突き落とした
  • 興味の範囲が深く、狭い
  • 身だしなみに無頓着
  • 人付き合いが苦手
  • いじめられたことがある
  • 時間感覚が分からなく急がないとわかっていても緊張感が湧いてこない
  • 目の動きが挙動不審と言われる

 

ADHDかどうかを決めるのはあなたです。病気ではないので生活に支障があればADHDとなり、医者にいけばクスリをもらえますし、おそらく一定の効果を期待できます。医師の処方する薬となりますから。ですが、生活に支障がないならと単なる個性として受け止め、ADHDの子供が将来困る事のないようサポートして行ければ本当に一番いいでしょうね。

 

 

 

 

 

子供が落ち着きがないならADHDの主な症状を確認してみよう

自分の子供が何だか違うと思ってもいったい何がどうして違うのかわかりません。
でも、何だか違うような気がします。
落ち着きがない子供の場合、確かにADHDの可能性はあります。自分の子供の症状と比較してみましょう。

 

ADHD(注意欠如・多動性障害)

最もよく耳にする、「あの子、もしかしたら多動じゃない?」というのがADHDとなります。
主な症状としては、不注意・衝動性・多動性となり全てまとめてADHD、注意欠如・多動性障害といいます。注意力がなく、集中力もありません。また、待つことが苦手で落ち着きがなくじっとして話を聞くなどができません。家にいると特に気づきませんが集団生活を始めると異常な行動が目に付くようになります。

 

不注意

気が散りやすいので、自分の興味のないことには注意が持続しません。反対に、自分の好きなことには集中できます。興味のないことに関しては、上の空でぼーっとしていることが多いです。

 

衝動性

待つことや我慢することが苦手ですので、順番が待てない・思ったら即行動してしまう・自分の要求が満たされないと感情が抑えられないなどとなります。スーパーなどのお菓子売り場で泣き叫ぶ子供をよく見ますが、いつもあんな状態が続くならもしかしたら・・ということもありますね。

 

多動性

落ち着きがなくじっとしていられません。ですから、いつも動き回っていますし、静かに遊べず、おしゃべりが止まらなかったりします。意外な症状に高いところに上りたがるというのもあるようです。

 

年齢別の「サイン」の現れ方

ADHDだけでなく発達障害の子供におおい年齢別の症状を紹介します。

0歳〜2歳

視線を合わせない
  • 抱っこを嫌がる
  • 1人で寝かされていても平気
  • あまり笑わない
  • 寝つきが悪くすぐ目を覚ます
3歳〜4歳

  • 偏食が激しい
  • 名前を呼んでも振り向かない
  • 特定の物に執着する
  • 何度言っても言うことがきけない
  • 落ち着きがない
  • 一人遊びが好き
  • 1人にされても泣かない
5歳〜6歳

  • 言葉が広がらない
  • 集団行動が苦手
  • 周りの子供とトラブルを起こす
  • 落ち着きがない
  • 興味の対象が変わりすぎる
  • かんしゃくをおこす
  • しつけができない

 

早めの診断も大事

子供が落ち着きがないならサプリを飲ませてみるのも一つの策ではありますが、ADHDなどの発達障害の場合もありますので早めに相談しましょう。
どこに相談したらいいのかわからないし、周りのママさんには知られたくないと思います。
通いつけの小児科があるなら医療機関でもいいですし、保育園・幼稚園の先生、地域の保健センターや子育て支援センターなどにまずは相談してみることをおすすめします。近頃は、赤ちゃんが生まれると地域の子育て支援センターに足を運ぶことも増えると思います。その時に、思い切って相談してみるといいでしょうね。

 

自分だけがいらぬ心配をしている場合もあります。
ですが、もしADHDなどでしたら早期トレーニングで周りとの調和もとれますし、親御さんも子供への関わり方や声のかけ方などがわかりますので、親子共に随分楽になると思います。

 

もしADHDだったとして、子供の年齢が小さいうちはいいですが、小学生、中学生と成長していく過程で、悲しい思いや嫌な思いをする場面も増えてきます。そうなることで子供も自信を失い、親もどうしたらいいのかわかり無くなってしまい悪循環に陥りますので、早めの受診をおすすめします。

 

 

子供の落ち着きない時のサプリ

更新履歴